不動産売却の流れを紹介します!

 

不動産を売却するためにはいくつかの手順をクリアしていく必要があります。 それぞれの流れのなかで必要な手続きや活動、注意すべきポイントを理解することにより、スムーズな売却が可能になると思います。

 

/不動産売却③上
不動産売却③下

 

不動産売却には3ヶ月かかるイベントです。

まずはでここで全体像をまずは把握してください。 自宅を売りに出してから飼い主が見つかるまでの期間は、 早い人ですと1ヵ月、平均すると3ヶ月かかります。 売買契約契約が締結されてから不動産を引き渡すまでの期間もさらに1ヵ月かかります。

これらのデータはあくまでも平均的な数値のため、 駅から離れた不動産や建築年数がかなり経過している物件など 買主を見つけるのが困難な物件に関しては 1年以上売れ残ってしまう物件も普通にあります。 不動産売却は必ずすぐに売却できるわけではなく ある程度長い期間を想定して売却するのが良いです。

ポイント
まずはあなたの不動産のそのエリアでの適正価格を把握して 1番売却しやすいタイミングの 売り出しで売却を決めるのが理想です! 社会情勢やライバルの状況を加味して 積極的に販売活動をしてくれる不動産会社を見つけるのが重要です。 戦略的に売却できる不動産会社を見つけることも大きなポイントです。

※適正価格より大きく外れた金額で初値をつけると せっかくの売り出しの旬なタイミングを逃してしまいます。 必ず適正価格を把握して売却可能な範囲で売り出しましょう。

不動産売却の流れについてのまとめ

不動産売却の流れについてのまとめ

不動産売却の流れについて色々と紹介してきました。不動産売却は野菜の売買と違って手間と時間と労力が必要となります。扱う商品も家と言う高価な商品ですので少しの違いで簡単に数百万も変わることもザラです。いろいろとやることも多いのですが1番重要なポイントをあげると何かと言うと【不動産会社選び】です。
選んだ不動産会社によって売却価格や売却の早さ、トラブルの有無等が決まってしまうと言ってもいいでしょう。不動産売却はやることが多いのですが不動産会社選びだけは妥協せずしっかり選びましょう。オススメは不動産一括査定を利用して複数社に査定を依頼ししっかりと比較する事です。その中から信頼できる不動産会社を選ぶのが最も効率の良い方法だと思います。

\信頼・実績でナンバー1/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼

ページの先頭へ戻る