仲介業務と買い取り業務の違いはどこ?

家を売却するとなると不動産会社に依頼する事になりますが2つのパターンがあります。それはお客様を探してくる仲介契約と不動産会社自体が直接買取をしてくれる不動産買取です。それぞれメリットとデメリットがありますので仲介と買取の違いなどを説明していきます。
仲介の場合 買取の場合
買主 主に一般個人 不動産会社
売却手続期間 買主を探さないといけず手続きが完了するまで順調にいっても3ヶ月程度の売却時間がかかる 不動産会社が購入してくれるため即売却できる。 (手続きの時間もいれて1ヶ月で完了)
売却価格 一般的に相場価格で売却できる。 仲介と比べると売却価格が低くなるのが一般的

仲介とは

その名の通り、仲介業務では不動産屋さんが買い手の依頼によって、売り手を見つけて売買契約の仲介に入ることを言います。 うまく買い手がみつかれば売却も早く済みますが、見つからなければ時間もそれ相応にかかってしまいます。 ところが、買取よりも仲介は売却金が高く見込める可能性があるため、少しでも高く売りたいならば仲介を選ぶのが最善です。

 

少しでも高値で売却したい方にお勧めです。

仲介の説明図


買取りとは

そして、買取業務とはあなたが売却したい自宅を、不動産屋さんが直接買い取る業務のことです。 買取業務では相手がすべて不動産屋さんでもあるので、非常にスピーディーに物事が進み、 あなたの手間がかからないばかりか、時間もかかりません。 しかし仲介に比べると2.3割ぐらい売却価格が安い傾向です。

 

少しでも高く売りたい方向けにおすすめです。

買取の説明図

不動産会社への買取査定も可能

仲介以外の方法としては不動産会社が直接買い取ってくれる方法があり、すぐにでも売りたいという人なら買取査定をしてもらうという手もあります。 不動産会社による仲介となると買い手を見つけるのに、 時間がかかるため3か月以上の時間が必要となります。 ところが不動産会社による直接買取ならば、最短でも2週間程度で不動産売買が終わってしまいます。 多少価格が安くなったとしても、一日でも早く不動産を売りたいと考えている方は、 すぐにでも買取査定で不動産会社に直接買い取ってもらう方法を検討してみてはいかがでしょうか。

仲介と買取の違いメリットデメリットグラフ

 

仲介と買取のまとめ

仲介と買取のまとめ

仲介契約と不動産買取について紹介してきました。多くの方が少しでも高く売却できる仲介契約を結んでるのが一般的です。買取を選ぶ方は主に売却を急いでいる方、近隣住民にバレずに売却したい方、手間ひまをかけたくない方、仲介では売却することが困難な物件の場合です。
上の図でもわかるとおり、それぞれメリットとデメリットがありますのであなたの状況に応じて選ぶと良いと思います。買取の場合は単純に出された査定額が買い取り価格となるので必ず出来るだけ多くの会社に査定を依頼しましょう。

 

仲介
少しでも高く売却したい方

 

買取
早く売却したい方、バレずに売却したい方、訳あり物件の方

 

 

 

ページの先頭へ戻る