媒介契約と専任契約の違い

 

媒介契約と専任契約はどこが違うの?

媒介契約は大きく分けて一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。それぞれメリットとデメリットがありますのでしっかり自分に合った契約方法を選ぶのがポイントです。当ページでは、これら3種類の媒介契約について細かく紹介します。

媒介契約の特徴一覧表

契約の種類一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他社への媒介依頼XX
自己発見の直接契約X
報告義務義務なし2週間に一回以上1週間に1回以上
有効期間無制限3ヶ月3ヶ月
レインズの登録義務義務なし7日以内に登録5日以内に登録
買い手と売り手が同意して自宅を売買するためには、契約を締結しなければならず、 それらの仲介役として存在しているのが、仲介業を請け負っている不動産屋さんです。
媒介ってなに?と思われる方もいると思いますが、媒介とは仲介という意味です。専門用語として度々登場しますが、仲介であると覚えておくと理解することが容易です。

媒介契約を結ぶためには、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの中から1つを選ぶことになり、それぞれ特徴が異なります。


・一般媒介契約⇒複数社との媒介契約が可能
・専任媒介契約⇒1社の不動産屋さんとのみ媒介契約ができる
・専属専任媒介契約⇒媒介契約を結べる不動産屋さんは1社のみ、なおかつ買い手を自分で見つけることはNG

 

専任媒介契約を結ぶ場合には、きちんとすべてを託せる信頼できる不動産屋さんであることを確認したうえで結び、それ以外の場合には一般媒介契約で様子を見ておくこともよいでしょう。

 

 

媒介契約と専任契約のまとめ

宅建士真鍋
不動産会社に契約を結ぶには一般媒介契約と専任媒介契約があります。どちらもそれぞれメリットデメリットがありどちらを選べば正解と言うわけでは無いのですが、初めての不動産売却で人気物件と言う訳でない方でしたら専任媒介契約が良いかと思います。一般媒介契約と比べて専任媒介契約の方がより親身になって働いてくれる傾向にあります。一般媒介契約を選べば良い場合とは、東京都心の人気エリアでしかも駅近物件など売り出せばすぐ売れるような物件なら一般媒介契約でも良いかと思います。このような形は稀ですので通常の人でしたら専任媒介契約で良いでしょう。

 

ページの先頭へ戻る