媒介契約と専任契約の違い

 

不動産屋さんで契約するなら、媒介契約か専任契約か

媒介契約は大きく分けて一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。それぞれメリットとデメリットがありますのでしっかり自分に合った契約方法を選ぶのがポイントです。当ページでは、これら3種類の媒介契約について細かく紹介します。

媒介契約の特徴一覧表

契約の種類一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他社への媒介依頼XX
自己発見の直接契約X
報告義務義務なし2週間に一回以上1週間に1回以上
有効期間無制限3ヶ月3ヶ月
レインズの登録義務義務なし7日以内に登録5日以内に登録
不動産売却では、個人の売り手と個人の買い手が売買契約を交わす必要があり 一般的にはそれらの仲介役として不動産屋さんに依頼することになります。
媒介とは、仲介という意味で、不動産の専門用語としては度々使われている言葉です。媒介とは、仲介、つまり間に入って調整するという意味を持っています。

・媒介契約とは、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つから成り立ち、違いは次の通りです。


・一般媒介契約⇒複数の不動産会社と契約を結ぶことができる
・専任媒介契約⇒1社の不動産屋さんとのみ媒介契約ができる
・専属専任媒介契約⇒媒介契約は1社のみ結ぶこと、さらには買い手を見つけるのもその不動産屋さんにすべて託すことになる

 

一般媒介契約で様子を見ておき、信頼できると感じたならば専任媒介契約を結んでおくことも1つの方法です。

 

 

媒介契約と専任契約のまとめ

宅建士真鍋
不動産会社に契約を結ぶには一般媒介契約と専任媒介契約があります。どちらもそれぞれメリットデメリットがありどちらを選べば正解と言うわけでは無いのですが、初めての不動産売却で人気物件と言う訳でない方でしたら専任媒介契約が良いかと思います。一般媒介契約と比べて専任媒介契約の方がより親身になって働いてくれる傾向にあります。一般媒介契約を選べば良い場合とは、東京都心の人気エリアでしかも駅近物件など売り出せばすぐ売れるような物件なら一般媒介契約でも良いかと思います。このような形は稀ですので通常の人でしたら専任媒介契約で良いでしょう。

 

ページの先頭へ戻る