不動産売却の仲介手数料

不動産売却は売却するのですがそれなりに費用もかかります。その中でも特に比重が大きいのが不動産会社に払う仲介手数料になります。ここでは仲介手数料について細かくわかりやすく紹介していきます。

仲介手数料ってどのくらい払うの?

不動産売買における仲介手数料の金額については、 宅地建物取引業法で以下のように上限の価格が定められています。

金額 仲介手数料
200万円以下 代金額x5%
200万円超~400万円以下 代金額x4%+2万円
400万円超~ 大金額x6万円
※売買価格には消費税を含んでありません。

売買価格が400万円を超える場合は、 次のような計算式で求められます。

仲介手数料+(売買価格x3%+6万円)+消費税

 

 

例えば、900万円のワンルームマンションを購入した際の仲介手数料の上限は、900万円×3%+6万円で33万円(税別)になります。

注意仲介手数料を算出する基礎となるのは、「消費税を含まない売買価格」になります。物件の表示価格が「税込」となっているケ-スもあるので、その場合は注意が必要です。
この金額が仲介手数料の上限値なので これより高い金額を請求される心配はありません。 不動産会社によっては 仲介手数料が定額な会社もあったり、 早期に売却することができたら手数料を安くしてくれる業者もあります。 仲介手数料早見表

その他の費用

それ以外にも費用が発生します。
不動産売却の諸経費 ここで書いた事全部が必ず必要になるわけではないのですが、 不動産売却の費用の相場は、 売却額の3~10%になるなので費用分の事もしっかり把握しておきましょう。 これらは不動産の売却した費用でお支払いが可能ですが、 手数料については売買契約をしたときに半額、残りの金額を後で支払うなど分割での支払いが必要になります。 残金を後で支払うなど分割でお支払いが必要となります。

 

不動産売却の仲介手数料のまとめ

不動産売却における仲介手数料について詳しく紹介してきました。仲介手数料が法律によって上限が決められていますので騙されて高く取られると言う心配はありませんので安心です。しかし注意して欲しいのが仲介手数料を割引している不動産会社です。早期売却など特別な理由があるなら問題ないと思うのですが、あらかじめ手数料が半額などうたっているいる不動産会社は自ら販売力がないのを言ってるようなものです。不動産会社にとっての不動産売却における利益は仲介手数料のみです。あまりにも安すぎる仲介手数料不動産会社は少し疑った方が良いかと思います。

 

また不動産売却をする上かかる費用と言うのはある程度、事前に把握することができます。売却後に把握してなかった出費によって思わぬトラブルが発生することもよくあるので売却する前に掛かる費用も計算しておきましょう。

 

ページの先頭へ戻る